top of page

トレーニングをすると幸せになる?

更新日:2023年12月15日


大阪堺筋本町にある完全個室パーソナルジムThird place gym代表の井上です!


今回はトレーニングをすると幸せになることについて解説していきます!



トレーニング風景
トレーニング風景

トレーニングをすると幸せになるのはホルモンが発生するからです!



ホルモンが出るのは大きく分けて3種類あります!


テストステロン、セロトニン、ドーパミンがあり


この3種類について解説します!



テストステロン


テストステロンはメンタルにも良い影響があります!


テストステロンの分泌量が少なくなると、


落ち込んだり性欲・意欲の低下などを引き起こす可能性も発生します!


そのため筋トレを行うことで、


「意欲が向上する→体型が変わる→自信がつく

→行動が積極的になる→さらにトレーニングに励む」という良いサイクルができます!



セロトニン

セロトニンは、三大神経伝達物質とよばれる脳内ホルモンです!


精神の安定を司り、気分を高揚させる働きから“幸福ホルモン”とも呼ばれます!


日常生活で継続的に受けるさまざまなストレスによって、


セロトニンの分泌量は低下し働きが弱まってしまいます!


トレーニングでセロトニンの分泌を促すことで、


ストレスに耐えうるメンタルを保てるようになります!



ドーパミン

セロトニンと同じく、三大神経伝達物質のひとつです!


幸福物質とも呼ばれる脳内ホルモンになります!


トレーニングで汗をかいた後に気分がスッキリするのは、このドーパミンの働きででます!


ドーパミンが多く分泌されるとモチベーションが向上し、


ポジティブ思考になるので良いサイクルが起きやすくなります!


気になることがある方はぜひ体験にお越しください!




閲覧数:3回0件のコメント

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page